ICL(眼内コンタクトレンズ治療)の
料金についてはコチラ
ICL手術は多根記念眼科病院
 副院長 福岡 佐知子医師
が担当しています。
角膜を削らない視力回復ICL(眼内コンタクトレンズ治療)はレンズを目の中に入れて視力を矯正する治療です 角膜を削らない視力回復ICL(眼内コンタクトレンズ治療)はレンズを目の中に入れて視力を矯正する治療です
ずっとお手入れ不要取り出すことも可能 目にやさしい生体適合性の高い素材 日帰り治療で傷口約3mmで回復も早い
ドライアイの原因になりにくい 将来の目の病気の治療に影響を与えません

ICL(眼内コンタクトレンズ)治療?

ICL治療は、レンズを目の中に入れて視力を矯正する治療法です。
レンズは黒目(虹彩)と水晶体の間にある後房に固定しますので外から見てもわかりません。

また、角膜を削らない視力矯正法なので鮮やかな見え方でドライアイや夜間のハロー・グレアの
出現が少なく、長期安定性に優れた結果が期待されます。

目の中に入れるレンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。
有害な紫外線をカットする機能もあります。

  • ○ めがね・コンタクトレンズの手間から解放されます
  • ○ シャープであざやかな見え方が期待されます
  • ○ ドライアイの原因になりにくい
  • ○ 良好な夜間の見え方が期待されます
  • ○ 薄い角膜の方にも対応
  • ○ 生体適合性の高い素材のレンズを目の中に入れます
  • ○ 入院不要の治療で、翌日には快適な視力回復が期待されます
  • ○ 近視・遠視や乱視の強い方にも対応

ずっとお手入れ不要!
取り出すことも可能!

目の中のレンズは、くもったり汚れたりしないので、日々のお手入れやメンテナンスは不要です。
目の中でゴロつきを感じることもありません。
治療後に必要が生じた場合はレンズを取り出して元の状態に戻すことが出来ます。

ICL治療手術の流れ

瞳孔を拡大させ、点眼麻酔をして角膜の縁を約3mm切開します。

切開した部分からレンズを目の中に入れます。

レンズを虹彩と水晶体の間に固定します。

瞳孔を縮瞳させ手術は終了です。

ICL治療に適している人

  • 1. 年齢21歳以上(45歳ぐらいまでが望ましい)
  • 2. 術前の近視度数が-6.0D以上の強度近視(慎重適応:近視度数が-15.0D以上)
  • 3. 術前の乱視度数が2.5D以下(今後、乱視用レンズの認可で適応範囲拡大予定)
  • 4. 前房の深さが2.8mm以上
  • 5. 角膜内皮細胞密度最低値
    年齢21~25歳 2800個/mm2以上 
    年齢31~35歳 2400個/mm2以上
    年齢26~30歳 2650個/mm2以上 
    年齢36~40歳 2200個/mm2以上

ICL治療に適していない人

  • 1. 目の病気がある方(白内障、緑内障、網膜疾患、虹彩/ぶどう膜炎、水晶体亜脱臼、偽落屑症候群など)
  • 2. 散瞳不良の方
  • 3. 妊娠中、授乳中の方
  • 4. 重篤な全身疾患をお持ちの方(重篤な糖尿病、膠原病など)
  • 5. コラーゲンに対する過敏症のある方
  • 6. 全身疾患、眼科疾患を伴うことを理由として医師が不適当と判断した方
  • 7. 医師の説明を理解していただけない方

手術後の主な症状について

視力の変動 術後1週間ほどは、炎症などで視力が変動することがあります。

ハロー・グレア・光の輪 夜間や暗い中で光を見た時に、眩しさを感じる場合があります。
通常は徐々に気にならなくなりますがこの症状が残る場合はご相談下さい。

異物感、充血、かすみ(帰宅から翌日までの一般的な症状) 傷口が治癒し、炎症が治まることで、時間とともに自然に改善します。

ICL治療のデメリット

  • 1. レンズが届くまで少し時間がかかります(2週間~1カ月)。
  • 2. 白内障の手術をする際は、レンズを取り外すようになります。
  • 3. まれに白内障を誘発することがあります。
  • 4. 手術後しばらく眼圧が高くなることがあります。

ICL治療の費用

ICL治療は自由診療のため全額自己負担となります。(健康保険は使えません)
適応検査8,000円
手術費用片眼 300,000円
両眼 600,000円

(費用は税抜き価格となります)

※手術費用には術前検査料、レンズ代金、手術施行料、手術後3ヶ月の定期検診費用、
手術に必要なお薬代が含まれています。